M&Aで成長を続ける会社は一覧性が高いメリットを手にしています

経営上の問題を解決しよう

握手

m&aのメリットは買い手と売り手に共通に関わるもの、買い手に関わるもの、売り手に関わるものに分けることができます。つまり、m&aは買い手ためだけのものではなく、売り手のためにも有効な手段と言えるのです。買い手と売り手に共通に関わるものとして挙げられるものは、経営資源の有効活用です。買い手が有している営業網に売り手の優れた商品を乗せれば大きく売り上げを伸ばすことができるというケースや、買い手と売り手の特許技術をかけ合わせれば革新的な技術を新たに作ることができるというケースが挙げられます。買い手にとってのメリットは市場シェアの拡大、企業規模の拡大などです。同業他社を買収することで業界内での地位をあげることも可能です。また企業規模を大きくすれば社会的な地位が上昇し、従業員のモチベーションアップ等にもつながります。売り手におけるm&aのメリットとして、最近注目されているものが後継者問題の解決です。小さいながらも優秀である会社の多くは創業者がワンマンで引っ張ってきたケースも少なくありません。創業者である自分が一線を退けば、売上が減少し、従業員を雇用し続けられるかどうかもわからないという不安を抱えている経営者も多いです。m&aにより大手企業の資本を取り入れれば、後継者となる優秀な人材も送り込んでもらえますし、従業員の雇用も継続してもらえる期待が持てます。経営戦略に何らかの悩みを抱えているようであればm&aを検討してみるとよいです。