M&Aで成長を続ける会社は一覧性が高いメリットを手にしています

握手

経営上の問題を解決しよう

m&aというと買い手ばかりに注目が集まりますが、売り手にもメリットがあります。例えば、買い手が売り手の経営資源を活用できるのと同様に売り手も買い手の経営資源を活用できますし、後継者問題の解決もできます。

男女

順序を把握しよう

m&aは仲介会社に相談することから始まります。この個別相談でm&aについてイメージが掴めたら、具体的な案件が紹介されます。最初の問い合わせから買収完了まで数年かかることもあるので、m&aに関心があったら早めに仲介会社に相談しましょう。

会社

経営戦略を確実に行う

企業買収は一方の企業が得をするものではなく、関わった全ての人間が得をしなければなりません。高度な経営戦略を考えることのできる経営者やオーナーはこのことを熟知しており、人材と物などの経営資源をしっかり維持していくことを考えているのです。

M&Aで得られるメリット

女性

M&Aとは、Mergers(合併)とAcquisitions(買収)の頭文字をとった略です。会社の買収や合併を意味することであり、広い定義としては業務提携まで含めて意味する場合もあります。企業が抱える問題を把握している会社同士のM&Aにはたくさんの大きなメリットをもたらします。譲渡する側の会社のメリットとしては、事業の後継者問題の解決や、企業の存続と発展に繋がることで社員の成長が期待できます。一覧性の高い資料の準備でより円滑にM&Aが進む事でしょう。また、もしも先行き不安を感じた場合には、資産評価が有利なうえで会社の受け渡しができるため、オーナーにとって有利です。M&Aでは、オーナーシップの解除が可能であるため、会社の借入金に対してオーナーが個人保証や担保提供しているものも解除することが可能です。それに対して譲り受企業側のメリットは、ゼロから事業を立ち上げることなく新規事業を顧客や販売拠点、事業に関する人材やノウハウを時間をかけずに一括して取得できることがメリットです。また、会社の成長を求める譲り受側の企業の既存事業が、買収事業とのシナジー効果が見込まれることもメリットになります。時間とリスクをかけずに、収益機会の増加やコストカットを実現しながらも既存事業の閉塞感を打破し、成長につなげることができるのがM&Aの有効的なことです。どちらの企業にとっても一覧性が高いメリットが多く、滞った事業の成長を見込めるため、現状を打破するためにもM&Aは役立つことでしょう。